自動車取得税は地方税のため、地減によって多少の違いがあります。 また、車の経過年数によって税金は年ごとに安くなります。

自動車取得税は車や年式ごとに決められている

自動車取得税は新規登録や移転登録(名義変更)在するときかかり、新しく 所有者になった人(ローンなと、で、買ったときは使用者)が支払うものです。

これは買ったときだけではなく、もらったときにもかかります。

税率は取得価格の5パーセント(軽自動車と緑ナンバーの営業車は3パーセ ント)になっていますが、50万円までの車は免税です。

ただし、税金がかかる取得価格は実際の売買価格ではなく、 車や年式ごとにあらかじめ決められた標準価格(課税標準額)になります。

自車の経過年数によってだんだん税率が低くなる

自動車取得税は地方税のため、それぞれの都道府県により多少遣うようです が、新車でも実際の価格の90パーセントくらいを課税標準額としているようです。

名義変更をするときの課税標準額は、経過年数によって低くなる残価率を新 車時の課税標準額にかけますので、売買価格よりかなり低い額になります。

しかし、それより安く買っても、所得税は課税標準額に対して課税されます。

実際lこは100万円くらいで、売っている中古車は免税になる可能性が大です。

土地の実勢売買価格と公示価格(課税額)には、相当の聞きがあるのと似たような ものと考えてください。

なお、輸入車についてはその都道府県により、実際の取得価格にかけるとこ ろと、決められた課税標準額にかけるところがあります。

自動車取得税がかかる車は登録のとき、税金を現金で支払うようになります ので、あらかじめ都道府県の自動車税管理事務所担当課に、いくらくらいかか るのかを問い合わせたほうがよいでしよう。

バイクの査定をお考えなら今すぐコチラ。